小学校二年生の娘の夜泣きに悩まされていました。

娘は幼児期や、日々に生活でも緊張する場面があった時に夜泣きをすることがよくありました。

そして今年に入って身内に不幸があってから毎晩のように夜泣きをするようになりました。

家族全員が睡眠不足で途方に暮れていた時に

「はりが夜泣きに効く!」と知り、悠健堂さんに相談させていただきました。

 

施術後の夜には悲鳴のような泣き声を聞く事は無く、驚きとともに一安心しました。

そして、日を追うごとに夜泣きの回数が減り、数日後には家族皆が落ちついて眠れるようになりました。

 

 娘自身も落ち着きを取り戻し、幼い頃のかわいい笑顔に戻ったように感じられます。

今では夜起きる事もなく、あの日々がうそだったかのようにスヤスヤとよく眠っています。

 

 「はり」に出会い、娘にも私にもお守りが一つできた感じです。

 宇田川先生本当にありがとうございました。

 また何かあった時はよろしくお願いします。  Y

 

IMG_20160428_0001

Yさん、ご感想ありがとうございます。

まず一番に、お母さんがMちゃんをおおらかに見守ってくださっていたから、ご家族の応援する気持ちがあったから良い結果が得られたのだと思います。
Mちゃんはとても感受性が強いお子さんだと思います。
自分の感情コントロールに加え、ご家族や周囲の人たちの感情や雰囲気を感じ取ってそれを脳が処理して…と、
神経の興奮が高まってあふれた症状だったのかもしれませんね。

Mちゃん自身が覚えていなくても、ご家族の会話や疲労している様子から何かを感じ取り
症状に対して「何でだろう、覚えていないからどうすることもできない。困った」と考えていたかもしれません。
小学校二年生ということでよく話も理解できることから、
・なぜ小児はりをするのか
・小児はりをするとどんな良いことが起こるのか
・自分の身体で何が起きているのか
をイメージ出来るように、分かりやすい言葉で詳しく説明するように心がけました。

説明をうけるMちゃんのまなざしがとても真剣だったことが印象深いです。
刺激量がドンピシャで良い結果となり私も心から嬉しいです。

子供は成長する過程で多くの新しい刺激を脳が受け取ります。
これからも、子供の表情や様子から何かしらのサインを感じ取った時に
小児はりを活用していただければと思います。

子育てが楽になる「小児はり」がもっともっと広まるといいなぁと改めて思いました。



鍼灸院からのコメント