こども

皮膚に刺さない小児はり(生後3カ月~小学生)

sasanai明治時代の中頃から大阪の八尾で続いている治療法で、「大師流の小児はり」で施術します。

現在では、日本だけではなくアメリカ・ドイツ等でも広く使われています。
子供には鍼を刺しません。さするだけです。
さする刺激が必要な反応点を重点的に施術していきます。
まるで、鳥の羽根でさすられている様に気持ち良いです。

主に3つの目的で小児はりをします。

症状を改善する
夜泣き、キーキー、かみつく、便秘、食欲不振、鼻炎、チックなど
体質を改善する
アトピー、喘息、アレルギー、夜尿、虚弱など
健康を維持する
月始めの体調チェック

 

小児鍼

小児はりを知っていると子育てが楽になります。
丈夫になったという実感を持たれることでしょう。子供は自分の力ですくすくと育っていきます。

こどものためのコンディショニング

IMG

子どもをとりまく環境は変わり続けています。柔軟性、筋力は低下傾向、スポーツも学習も過熱気味、デジタル生活で脳は興奮するばかり、時間に追われる子どもたち。

「こどもは風の子元気な子」といえどもけっこう疲れているんです。パーソナルストレッチと小児はりで健康への関心を高め、回復力をつけます。