よもぎ蒸し2

 

花粉症で目や鼻、皮膚の症状が強くなってくると、炎症がすすんで東洋医学では「上熱下虚」「熱が上昇」の状態になります。

そのために頭がボーっとしたり、粘膜のうっ血で呼吸が苦しく感じたり、鼻をかみすぎて皮膚がガサガサしてくる方もいらっしゃるいらっしゃるでしょう。

身体の上部が盛んに反応しているため、下部は冷えている方が多いです。さらに、花粉の時期は外に出るのがオックウになり活動量が低下して血流が悪くなるという悪循環に陥ってしまいます。

そこで、よもぎ蒸し&耳鍼療法は大変お勧めです。耳鍼は鼻づまり、鼻水が止まらない、眼がかゆいなどの症状に対して即効性が大変期待されます。また、よもぎ蒸しのよもぎ成分であるシネオールやアルファーツヨンといった精油成分は血行促進と血の滞り(お血)が原因となって生じる症状に大変有効とされています。

ぜひ、この時期お試しください!!

 

☆よもぎ豆知識☆

「よもぎ」のちから

含有成分:Ca 、Mg 、ビタミンA 、B1 、B2 、C など

クロロフィルの作用:浄血 、殺菌 、末梢血管拡張 、抗アレルギー作用 、 新陳代謝促進作用

 

「よもぎ」は日本の生薬

殺菌作用・消炎鎮痛作用に優れています。皮膚疾患や胃腸疾患にも効果的

他にも喘息(よもぎの根のよもぎ酒)、胃腸の健康のために(葉を煎じる)、腰痛・腹痛・痔の痛み(よもぎ風呂)などとして使われてきました。