めいちゃん

昨年末、嬉しすぎるお手紙をMちゃんからいただきました!

キラキラ輝く真っ赤な封筒に緑色の折り紙の便せん、クリスマスカラーですね(*^^*)

裏にはたくさんの文字!

私は、目と鼻の奥がツーンとしてあふれそうになる想いを笑顔でごまかしました。

 

Mちゃんが初めて悠健堂を訪れたのは生後9か月の時。小児はりです。アトピー・アレルギー症状から夜の眠りが浅く、ママは疲れ果てていました。

小児はり数回目には、うんちが良く出るようになった、赤みがひいて「色白になったね」と周囲の人から言われたなど効果を実感していただけて

それから定期的に健康管理、かんしゃく予防で今でも弟と一緒に悠健堂へ足を運んでくれます。とてもお話が上手な4歳のお姉ちゃんになりました(*^^*)

 

実はMちゃんはイヤイヤ期の時に小児はりもイヤイヤになったことがあるのです。それでもおうちの中では「小児はりごっこ」をしてママの身体のあちこちをナデナデしたりしていたそうです。

弟の付き添いで悠健堂に再び訪れるようになり、弟が小児はりを気持ちよさそうに受けているのをみていたので「Mちゃんもちょこっとしてみる?」と話しかけてみると、恥ずかしそうな笑顔で小さくうなずきました。ママのほうを見たら私に大きくうなずいてくださって、小児はりを再開することができたのです。

その次の時に、「これ…」といってはにかんだ笑顔で手紙を私に渡しました。渡した後ママにだきついてニコニコ笑って私の様子をよーく観察していました(*^^*)

何が書いてあるのかなあ、見るたびにいろいろなことを想像しては私もおもわず笑顔になります。

 

日常では苦労のほうが多いかもしれないけれど、こどもの力って本当にすごいなあと思います。生きる原動力になります。

 

 私は子供を育てているお母さん、お父さん、ご家族の皆さんを応援したい。

そして、身体に害を及ぼすものは出来るだけ避けたい、身体と心を守りたい、鍛えたいと頑張っているママたちが笑顔でいられるためのお手伝いを、少しでもできるように頑張らねば!と思うのです。

母の笑顔は太陽です。太陽を感じて子供は安心して笑顔になります。その笑顔が家族を癒すでしょう。

悠健堂に大切なお子さんを連れてきていただいてありがとうございます。

 

知っていると子育てが楽になる「大師流小児はり」。世界中にもっともっと広がりますように…!